ごみ焼却施設

葛尾組合の焼却施設です。
ここで年間1,800tのごみを処理しています(H24年実績)。
各市町のステーションから集められたごみの他、企業や家庭から持ち込まれた一般廃棄物の
焼却をしています。
排出ガスや灰だけでなく、周辺の土壌や大気に含まれるダイオキシン類を定期的に測定し、
安全で環境に配慮した焼却施設であるよう心がけています。
(ちなみに寒い時期には煙突から白い煙が出ていますが、成分のほとんどは水蒸気です。)
焼却したあとの灰やばいじん(すす)は適正に処理したあと、最終処分場へと運ばれます。

  • ごみ焼却施設建設概要
    着工昭和52年10月
    竣工昭和54年3月
    敷地面積19,986㎡
    建築面積2,974㎡
    構造鉄筋コンクリート地下1階・地上4階
    改修工事
    平成12年2月~平成13年6月
    ダイオキシン類削減対策による改修工事
    ・排ガス高度処理施設整備事業
    ・灰固形化施設整備事業施設概要

    中央制御室
    中央制御室
    バグフィルター
    バグフィルター
    排水処理設備
    排水処理設備余熱利用設備
    余熱利用設備
  • 処理能力80t/日(40t×2基)
    流動式炉(准連続燃焼式)
  • 設備概要受入供給設備
    ごみ計量機1台
    ごみ投入扉3基
    ごみピット1基
    ごみクレーン2基燃焼設備
    ごみホッパ2基
    給じん装置2基
    乾燥ストーカ2基
    燃焼ストーカ2基
    後燃焼ストーカ2基
    再燃バーナ2基
    助燃バーナ2基
    水噴射式燃焼ガス冷却室1式排ガス処理設備
    有害ガス除去装置1式
    集じん機(バグフィルタ)1基
    給水設備1式
    排水処理設備1式
    余熱利用設備1式通風設備
    押込送風機2台
    二次燃焼用送風機2台
    空気余熱器2基
    ガス減温器1基
    ガス減温用送風機1台
    ガス冷却用送風機2式
    風道煙道設備1台
    誘引通風機1台
    煙突1基灰出設備
    灰出しフライトコンベア2基
    落下灰コンベア2基
    ガス冷却室下コンベア1基
    灰バンカ1基
    飛灰バンカ1基
    ダストコンベア1式
    飛灰処理装置1式
    飛灰処理物搬出装置1台
    電気設備1式
    計装制御設備1式

 

 

 

 

ごみ焼却処理フロー(クリックで拡大します。)

施設フローシート

 

 

 

  • 前年度可燃ごみ処理量
  • ダイオキシン類の測定結果
    ○ばい煙
    ○大気、土壌